内視鏡医師の知識シリーズ
ENDOSCOPIST DOCTOR'S KNOWLEDGE SERIES

痛み止めの乱用に注意!胃腸障害などの副作用の危険性

歯の痛みや頭痛、関節痛などがあるときに痛み止めを内服する方もいらっしゃるでしょう。しかし、用法・用量を守らなかったり長期内服を続けていると胃潰瘍などの胃腸障害を引き起こし命に関わることもあります。そこで今回は胃腸障害などの副作用を起こす恐れのある非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs=エヌセイズ)という痛み止めについて解説します。

1. 痛み止めのしくみ

頭痛の女性
非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は、痛みの原因物質であるプロスタグランジンの生成を抑えることで炎症を鎮める痛み止めです。

・アスピリン
・エテンザミド
・イブプロフェン
・ロキソプロフェン
・ジクロフェナク
・インドメタシン

などが該当します。
これらの痛み止めは、炎症や痛みの原因を抑えるための消炎鎮痛剤としては非常に使いやすく効果のある薬ですが、用法・用量を守らなかったり、長期間服用していると胃や十二指腸だけでなく、小腸や大腸にも潰瘍などの消化管粘膜障害といった副作用が起こる恐れがあります。

2. 痛み止めの種類

薬と水の写真
痛み止めには多くの種類がありますが、よく使用される痛み止めは次の2つです。
①非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)・・・一般的な鎮痛剤
②非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)以外・・・アセトアミノフェン

それぞれ詳しく解説します。

2-1. 非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)

NSAIDs(エヌセイズ)とは、非ステロイド系抗炎症薬と訳され、抗炎症や解熱鎮痛作用を有する薬物の総称です。一般的に広く使用されており、ドラッグストアなどで購入できる風邪薬や解熱鎮痛剤などにも含まれています。

NSAIDsは、炎症が起こっている患部で活動するプロスタグランジンなどの発痛増強物質の生成を防ぐことによって、抗炎症・解熱鎮痛作用を発揮します。

NSAIDsの副作用として比較的起こりやすいものに胃潰瘍や胃腸障害があります。プロスタグランジンには胃酸分泌の抑制や胃粘膜の保護などの働きもあるため、NSAIDsによりプロスタグランジン生産が抑えられると、胃酸分泌が増え、さらに胃粘膜の保護機能も低下するため、結果として胃腸障害が起きてしまいます。

2-2. アセトアミノフェン

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)以外の代表的な薬にアセトアミノフェンがあります。炎症を抑える効果はほとんどなく、解熱・鎮痛ともに脳に作用し効果を発揮します。

アセトアミノフェンの鎮痛効果はNSAIDsとくらべるとマイルドですが、安全性が高く、NSAIDsにくらべて胃腸障害を起こしにくく、小児や妊婦にも使用できる薬です。
アセトアミノフェンの副作用としては、肝機能障害があります。

3. 非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)について

薬の写真
現在日本で使用できるNSAIDsはジェネリック薬も含めると数十種類あります。
代表的なNSAIDsとしては下記のものがあります。

3-1. アスピリン

低容量で鎮痛作用と抗血小板作用を発揮します。
抗血小板作用というのは「血をサラサラにする」作用で、心筋梗塞や脳梗塞の予防に使用されることが多い薬です。
副作用は胃腸障害、腎障害の頻度が高く、小児や妊婦には使用しにくい薬です。

3-2. ジクロフェナク

非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)の中でも即効性があり、高い鎮痛効果が認められています。しかし、胃の不快感や消化管出血の頻度が比較的高い薬です。

3-3. インドメタシン

非ステロイド系抗炎症薬の中で最も強い成分です。内服薬だけでなく湿布や座薬としても使用されています。効果が高い分、他の成分にくらべると胃腸障害などの副作用の頻度が多いというデメリットがあります。抗炎症作用が強いので、筋肉痛などの炎症を伴う症状にはとくに有効です。

3-4. ロキソプロフェン

鎮痛・抗炎症・解熱作用をバランス良く持っており、幅広い痛みや発熱に素早く効果を発揮します。また、胃腸障害などの副作用がNSAIDsの中では比較的少ない薬です。

3-5. イブプロフェン

イブプロフェンは痛みや炎症を和らげる薬です。解熱作用もありますが、他剤と比べると効果は弱めです。

3-6. エテンザミド

効き目が優しく、胃腸障害などの副作用が少ないのが特徴です。単独で使用されることは少なく、多くの場合、他の解熱鎮痛成分とともに用いられます。

4. NSAIDsの副作用

NSAIDsの代表的な副作用として、腎機能障害や胃腸障害などがあります。

4-1. 腎機能障害

NSAIDsには炎症物質の生成を抑制する作用と同時に、血管を収縮させる作用もあるため、腎臓に流れ込む血液量が減少し腎臓の働きが低下する恐れがあります。

とくに動脈硬化が進んでいる高齢者で、腎臓の血流が少ない場合は、一気に腎臓の糸球体の血液量が減少し腎障害が進む恐れがあるので、十分な注意が必要です。

また、利尿薬やアンジオテンシン変換酵素阻害薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬といった血圧を下げる薬はプロスタグランジンの生合成を抑制する作用をもつため、NSAIDsと一緒に服用すると、腎機能障害が悪化する恐れがあります。

4-2. 胃腸障害

NSAIDsは胃の粘液を減らすことで、血流を悪くし、胃粘膜の防御力や働きを低下させる働きがあります。その結果、胃粘膜が胃酸に侵されて胃腸障害を引き起こします。

胃や十二指腸の粘膜病変だけでなく、小腸や大腸にも粘膜病変を引き起こすことも明らかになっています。NSAIDsの慢性的、習慣的な服用は潰瘍や消化管粘膜障害の重症化につながりやすく注意が必要です。

5. 胃腸障害などの副作用予防法は?

胃潰瘍などの副作用の予防法は、胃酸の分泌を抑え胃の粘膜を守る薬を併用することです。胃薬は、大きく潰瘍治療薬と健胃消化薬の2つに分けられます。潰瘍治療薬の中には、胃酸の分泌を少し控えめにする働きがある胃酸分泌抑制薬と、傷ついてしまった胃壁を守って傷の修復を助ける粘膜保護薬があります。

NSAIDsは短期服用時にくらべ、長期間服用時に副作用の発生率が高くなります。とくに過去に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の既往歴がある方は、必ず処方される医師にそのことを伝えてください。

予防治療がなされていないと、胃潰瘍の発生頻度は10〜15%、十二指腸潰瘍の発生頻度は3%とされています。

6. まとめ

NSAIDsは、ドラッグストアでも簡単に手に入り、解熱剤や痛み止めとして広く使用されています。しかし、出血や胃腸障害、腎障害などの重大な副作用を起こす恐れがあります。
必ず決められた用量・用法で服用し、とくに2種類以上のNSAIDsを同時に服用しないよう注意が必要です。
NSAIDsが原因で起こる消化性潰瘍は、半数近くが無症状です。症状がある場合には、胃痛や胃がはった感じ、食欲不振といった症状があらわれます。

その他に胸やけ、吐き気、嘔吐などがあり、約20%の方に吐血や下血が起こります。自己判断で痛み止めを習慣的に飲み続けている方の中にも、消化性潰瘍の予防が必要なケースがあります。消化性潰瘍を放置すると、胃や十二指腸潰瘍に穴が開き、大量に出血し手術が必要になる恐れもあるため継続的に使用する際は医師に相談してください。

当院では、胃・大腸内視鏡の専門医が、苦しさと痛みに配慮した世界最高水準の医療を行っております。高精度の内視鏡検査を行うことで、より早期に胃がんや胃潰瘍などを発見することを目指しています。日帰りの内視鏡検査も行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

癌にならない腸活実践メルマガ講座

「癌にならない腸活実践メルマガ講座」では、がんで亡くなる人・苦しむ人を一人でも多く減らすために日常生活の中で実践できる

・免疫を上げる方法
・正しい腸活の知識
・腸内環境とお肌の関係
・健康的なダイエット方法
・乳酸菌のすごい効果

などを、腸の専門医が毎日メールでお届けいたします。

免疫力をアップして、いくつになっても健康的な毎日を過ごしたい方におすすめの内容になってますので、気になる方はぜひ記事下のバナーをクリックしてお申し込みください。
↓↓
癌にならない腸活 実践メルマガ講座

この記事を書いた人

細川 泰三医師

国立鹿児島大学医学部卒業。
麻生飯塚病院、北九州市立医療センター、国立病院機構福岡東医療センターで多数の消化器内視鏡検査・治療に従事。2020年4月より福岡天神内視鏡クリニック勤務。